看護師・薬剤師から治験コーディネーターへの転職が増えた理由は?

近年耳にする事の増えた[治験コーディネーター]、または[CRC]のお仕事。薬剤師さんや看護師さんの比較的新しい選択肢として人気の高まりつつある職業だといわれています。今まで薬剤師さんや看護師さんとして活躍していた方々が、なぜ[治験コーディネーター]を目指すのか?

ここでは、その背景をご説明使用と思います。

[治験コーディネーター][CRC]を目指す理由として、まず挙げられるのは“新しいお薬の開発に携われるやりがい”なのではないでしょうか?事実、多くの[治験コーディネーター][CRC]は、関わった新薬が患者さんの役に立つ事に、この職業の“やりがい”や“魅力”を感じていると言われています。

このポイントに魅力を感じ、[治験コーディネーター]を目指している方も少なくはないでしょう。また、そもそも比較的離職率の高い職業でもあった“看護師”の皆さんにとって新たな選択肢として登場した[治験コーディネーター][CRC]という職業が魅力的なのかもしれません。

実は[治験コーディネーター]は、薬剤師さんからの転職よりも看護師さんからの転職の方が目立っているようなのです。

[治験コーディネーター]は、新しいお薬の治験の現場で様々な立場の方々とを取り持つ橋渡しの様な役割を担っています。被験者となる患者さん、医師、看護師、また製薬会社などの間に立ち潤滑な治験の実施を促していますので、重要となるスキルの一つとして“コミュニケーションスキル”が上げられます。

同じくコミュニケーションスキルを活かし活躍して来た看護師の方には、あらかじめ備わっている資質とも言えますね。これまでの経験から基づく知識、ノウハウを活かせる新たな選択肢として、 [治験コーディネーター]を目指す看護婦さんが増えて来ているのかもしれません。

薬剤師さんと比べ看護師さんからの転職が多い理由の一つには、選択肢の多さの差もあるでしょう。元々離職の少ない薬剤師さんですが、転職をするとなればその選択肢は様々です。薬局と一口に言っても、調剤薬局や漢方薬局もありますし、ドラッグストアなどへの転職も多いようです。

この選択肢の幅の違いが、[治験コーディネーター]への転職の多さ・少なさに影響しているのではないでしょうか?

メニュー

ページの先頭へ