薬剤師がパートで勤務する場合に注意したいこと

「調剤薬局」「ドラッグストア」「病院」では薬剤師のパート求人がありますが、「製薬会社」や「漢方薬局」の求人は極めて少ないです。地域によって求人数は違いますが、やはり都市圏は地方よりも多い傾向にあります。

どの地域でも「調剤薬局」や「ドラッグストア」のパート求人は豊富にあるでしょう。あなたがパート勤務できる薬剤師を希望しているならば、このふたつに絞ると見つかりやすいです。

ここでは、薬剤師がパートで勤務する場合に注意したいことを説明しましょう。薬剤師の基本的な仕事は正社員でもパートでも変わりません。調剤薬局の場合は、医師が作成した処方箋に沿って医薬品の説明と受け渡しをします。ドラッグストアの場合は、OTC医薬品や日用品の販売業務をします。

ドラッグストアは店長や管理薬剤師が正社員で、一般業務はパートやアルバイトがこなしているケースが多いです。パート勤務の場合は常勤のように1週間に5日間働く必要はありません。もっと少ない日数や時間での勤務も可能です。

――では、薬剤師のパートは正社員よりも働きやすいのかを説明します。賃金面でみるとパートタイムの場合は正社員よりも低くなってしまいます。福利厚生も適用されないケースが大部分です。 正社員ならばボーナスもありますがパートは基本的にありません。

けれども、休日希望や労働時間については正社員よりも希望が叶えやすいのが大きなメリットです。転勤は一切ありませんし残業もないことが多いです。薬剤師資格があっても家庭事情でフルタイム勤務が難しいケースもあるでしょう。

そういった場合もパートで仕事ができるという選択肢があれば勤務時間を少なく調整して収入を得ることができます。薬剤師としてのブランクが長い人も、いきなりフルタイムの仕事では抵抗感もあります。そんな人にもパートはお薦めで、週に3日程度から働ける職場を探せば復職しやすいのではないでしょうか?

薬剤師のパート求人は比較的見つかりやすいと思われます。ご近所の調剤薬局やドラッグストアにも店頭に求人募集されていることもあるでしょう。ですが薬剤師の求人は公開されてるもの以外にも非公開求人があります。

求人広告や店頭での募集の貼り紙以外にも有利な求人はあります。隠れ求人を見つけるには無料で利用できる転職支援サイトを利用するのが便利です。

メニュー

ページの先頭へ